よくある質問

よくあるご質問

Q.1 防水は何年ぐらいでやり替えればよいのでしょうか?

A.1 現状の防水工法によって異なりますが一般的には10年と言うのが1つの目安となります。

10年が過ぎたからと言って防水の改修をしなければならないと言うのではなく防水の改修時期が来たと思って下さい。

大切なのは年数で判断するのではなく現状の傷みで判断をし全面改修をしなければならないのか部分補修で良い物か適切な処置をするべきです。当社ではできるだけ無駄な費用をかけずに本当に必要なお客様だけにお勧め致します。

Q.2 防水の寿命を延ばす方法はないのでしょうか?

A.2 定期的な保護塗料の塗り替えで防水層の寿命を延ばす事が出来ます。

そもそも保護塗料は耐候性を持たせるのに塗ります。日光による紫外線・熱・オゾンに対し耐久性を向上させます。また管理方法によっても寿命を延ばすことが出来ます。

施工会社に使用上の注意の一覧表などをもらっておいた方が良いでしょう。保護塗料の塗り替えは目安として3年~5年の塗り替えをお勧め致します。

Q.3 他の業者に早く防水をやり替えないと大変な事になると言われた。

A.3 やり替えをした方が良い事は当然あります。

しかしやり替えないと建物が壊れると言う事はありません。現状の傷み具合や時期またコストなどを全体的に考えた上で判断した方が良いでしょう。

色々な業者から見積を取るのも現状を把握する上では適切な判断だと思います。

見積を取る場合は専門の業社をお薦め致します。

Q.4 防水の上を除雪したいのですが大丈夫ですか?

A.4 基本的にはあまりお勧めできません。

特にアルミ・鉄製の除雪用具を使うなどの行為は防水層を痛める恐れがあり漏水の原因になりますのでやめた方が良いでしょう。

除雪する場合はプラスチック製の物をお使い頂き、表層の除雪に留めて下さい。また刃物やとがった物などを使う行為もはやめて下さい。除雪した場合は雪解けに防水層を検査して下さい。

Q.5 一番良い防水はないのでしょうか?

A.5 一概には言えません。

防水の種類も色々な種類があります。代表的なのはアスファルト防水・ウレタン防水・FRP防水・塩ビ系シート防水・ゴムシート防水などがあります。

現業の具合や構造や用途またコストなど考慮したうえで適切な防水を選ぶことをお勧め致します。

Q.6 防水の部分補修をしたいのですが出来ますか?

A.6 部分補修工事も可能です。

部分的な補修で防水層は長持ちします。しかし保証の付いている防水の場合は他業者が手を着けると保証の対処外になってしまうのでまずは保証書を確認し保障期間内で あれば施工会社に依頼する方が無難です。

Q.7 どんな工法や防水材を用いて屋上防水工事をするのですか?

A.7 当社では現在の状態や既存の防水をしっかりと調査したうえで一番良い工法や材料を選択した上お客様に提案致します。

お客様から特別な指定がない限り工事後10年保証を基本としておりもし お客様から7年保証や5年保証で良いと言う要望があれば状態に合わせてコストを削減した工法を ご提案致します。当社ではあらゆる無駄を省いて最高品質の工事を心掛けておりますので何でもお気軽にご相談下さい。

Q.8 防水のことで相談したいが売り込みや勧誘はちょっと…

A.8 何時でもお気軽にお呼びください。

直ぐにお伺いします。

売り込みや勧誘は一切行いませんので安心してお問い合わせ頂きゆっくりご検討ください。

Q.9 概算で金額を知りたいのですが...

A.9 概算金額は、あくまでも概算になります。

やはり現状を確認させて頂かないと、どうしても高い金額になってしまいます。

売り込みや勧誘は一切行いませんので安心して現状を確認させて頂けたら幸いです。

Q.10 他社からも見積りをとっている場合でも、お願いしてもいいですか。

A.10 はい。構いません。

当社は防水専門業社なので適正な見積りをお出しさせて頂きます。

但し、3社以上お見積をされている場合はお断りしております。

Q.11 業社によって見積内容が違い、どれが正しいか解らないのですが...

A.11 業社によって内容は様々です。

当社は防水専門業社なので見積内容に自信を持っております。

現状確認・現状防水・収まりなどを考慮して確りとした内容の基にお見積をご提出させて頂きます。

施工例ご案内
見積・お問い合せフリーダイヤル
グループ会社
グループ会社1
グループ会社2

札幌の水漏れから雨漏りまでビル・マンション・住宅のメンテナンスなら

TEL:011-879-1665
FAX:011-879-1664
営業時間:9:00~18:00
お気軽にお問い合せ下さい。

QRコード
カード決済
firestorage